半分民主主義? タイで第2次プラユット政権発足

バンコクのドゥシット宮殿で16日、ワチラロンコン国王夫妻臨席のもと、プラユット首相兼国防相(元陸軍司令官、65)ら閣僚36人が就任宣誓を行い、第2次プラユット政権が正式に発足した。

軍事政権だった第1次プラユット政権が3月の議会下院(定数500)選挙を経て表向きは民主政権に衣替えしたかたち。ただ、非議員のプラユット首相を親軍政党と非民選の議会上院(定数250)が支えるという構図は、「半分の民主主義」と呼ばれた1980年代のプレム政権時代にそっくりで、30年前に先祖返りしたと嘆く声もある。

新政権には下院で議席を獲得した19もの政党が参加する。ただ、下院議席数は過半数をわずかに超える程度。組閣の段階で早くも、主要な連立パートナーである民主党とプームジャイタイ党に加え、政権の母体となる親軍政党パランプラチャーラット党の有力派閥から閣僚ポストをめぐる不満が噴出し、前途多難を予感させる船出となった。

内閣の顔ぶれをみると、安全保障、治安維持を担当するプラウィット副首相(元陸軍司令官、74)とアヌポン内相(元陸軍司令官、69)、経済政策の司令塔であるソムキッド副首相(元財務相、66)、法務を取り仕切るウィサヌ副首相(元内閣秘書官長、67)、ドーン外相(元駐米大使、69)が留任し、ソムキッド副首相の側近のウタマ前工業相(元バンコク大学学長、59)が財務相、ソンティラット前商務相(59)がエネルギー相に転任した。このグループは軍、官僚、学者らタイのエリート層を代表し、政権の中核を担う。

パランプラチャーラット党の有力派閥からはスリヤ元工業相(65)が工業相、ソムサック元保健相(64)が法相に就任した。スリヤ氏は大手自動車部品メーカー、タイ・サミット・グループのオーナー一族の1人、ソムサック氏は北部スコータイ県の政財界に強い影響力を持つ。2人はソムキッド副首相とともにタクシン政権(2001―2006年)で閣僚を務めた。昨年、ソムキッド副首相の要請を受け、ベテラン政治家数十人を引き連れ、パランプラチャーラット党に入党。同党が3月の下院選で善戦する下地を作った。このグループは特定地域、業界への利益誘導が主な目的とみられる。組閣をめぐっては、スリヤ氏が当初約束されていたエネルギー相から外され、スリヤ氏、ソムサック氏がソンティラット氏をパランプラチャーラット党幹事長から解任するよう要求する事態に発展した。2人はその後、プラユット首相の説得に応じたが、しこりが残ったのは間違いない。

民主党はジュリン党首(元保健相、63)が副首相兼商務相、チャルームチャイ幹事長(54)が農業協同組合相、プームジャイタイ党はアヌティン党首(52)が副首相兼保健相、党実力者であるネーウィン元首相府相の弟のサクサヤーム下院議員(56)が運輸相に就任した。アヌティン氏は地場ゼネコン(総合建設会社)大手シノタイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクションの事実上のオーナー。ネーウィン氏は東北部ブリラム県の政財界に強い影響力を持つ。アヌティン氏、ネーウィン氏もタクシン政権の元閣僚だ。
(newsclip.be 2019年7月18日 00時49分)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

過去10年で最悪の干ばつの恐れ 本格的降雨は8月末以降

気象局のコンラウィ副局長によれば、今年の雨季はとりわけ北部、東北部、中央平野での降雨量が平年を大きく下回っており、タイは過去10年で最悪の干ばつ被害に見舞われる恐れがあるという。

今年は今のところ、タイ上空を通過した台風や熱帯低気圧の勢力が弱いため降雨量が少なく、主要ダムに十分な水がたまっていない。本格的な降雨は8月後半か9月初めにならないと期待できないとのことだ。
(バンコク週報 2019年7月17日)

2015_0714n010
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

パタヤのトラック乗り合いバス「ソンテウ」運転手に新ルール

タイ東部のビーチリゾート・パタヤを走るトラック改造バス・ソンテウ。決められたルートであれば、低価格(10バーツ)で利用できるため、住人にとっても旅行者にとっても便利な足となっています。しかしタクシーとして利用する場合は、バンコクのタクシーと比べると法外な運賃を要求されるなど、ソンテウは決して使い勝手の良いものではありません。

そんなソンテウのトップが2019年7月14日、ソンテウ運転手の会合にて、サービス改善のための14個のポイントを指摘したとのこと。ルールが守られない場合は、運転手に罰金100バーツから500バーツと、さらに免許停止が科される可能性があるとのこと。

その14のルールとは…。

1.きちんとした服装、身なりをする。
2.運転手の詳細、料金、ルートを表示する。
3.乗客の希望の場所に連れていく。
4.人を騙さない。
5.悪いマナーを見せない。
6.違法駐車をしない。
7.役人を攻撃しない。
8.飲酒、ドラッグをして運転をしない。
9.危険運転をしない。
10.乗客への攻撃や、盗難をしない。
11.標識に従って停車をする。
12.乗客待ちの列を守る。
13.ドラッグ所持や、販売をしない。
14.喧嘩をしない、悪態をつかない。

これでパタヤのソンテウが使いやすくなると良いのですが。
(タイランドニュース 2019年7月16日)

2016_09250010          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクエアウェイズ、OAG定時運航率評価で5ツ星認定

バンコクエアウェイズは、オフィシャル・エアライン・ガイド(Official Airline Guide:OAG)が2018年6月から2019年5月までのフライトを対象に測定した航空会社の定時運航率格付けランキングで、5ツ星を獲得しました。

対象期間中のバンコクエアウェイズの定時運航率は87.4%で、航空会社の総合ランキングで9位にランクインしています。また、バンコクエアウェイズが管理するサムイ国際空港も、定時運航率88.5%で5ツ星認定を受けています。

タイの航空会社として、またタイの空港で、5ツ星認定を受けているのは、バンコクエアウェイズとサムイ国際空港のみとなっています。
期日: 2018/06/01 ~ 2019/05/31
(Fly Team 2019年7月15日 09時55分)

2014_04060077
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ人の誰もが持っているニックネーム

タイ人の誰もが持っているニックネーム。以前はタイ語に関係する単純なものが多かった。だが、最近は風変わりなニックネームをつける親が増えているように思う。例えば、自動車好きの父親が息子に「ハイブリッド」、日本が好きな母親が娘に「トウキョー」とつけたと聞いた時は、少なからず衝撃を受けた。

これは単に親が自分の考えや好みだけでニックネームを選んでいるからなのだろう。現にニックネームが嫌で大人になってから変える若者が増えていると聞く。友人は親に「なぜこんなニックネームをつけたのか」と怒りをぶつけていたこともある。

名前のつけ方が時代によって変わるのは、タイでも普通のことだ。そして自分の好みではなく、子どもの将来を考えてつければ、こうした問題は起きないと思う。それほどタイ人にとってニックネームは大事なのだ。
(NNA ASIA 2019年7月11日)

20171227
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の7つの海外ホテル予約サイトを比較!