BTSナショナルスタジアム駅にあるマーブンクロンセンター(MBK)

BTSナショナルスタジアム駅にあるマーブンクロン・センター(MBK)は、東急百貨店、パトムワン・プリンスホテルと連結しています。レストラン、フードコート、銀行、インテリアショップ、アパレルショップ、シネコン等があり、一度は寄っておきたいショッピングセンターです。

siam_map

2014_04060211

2015_07120084

2006_11240066

面白Tシャツ、アジアン雑貨等お土産を探すのにはもってこい。

但し、衣類を購入するには多少注意が必要です。タイ人向けサイズになっている為、Tシャツも多少小さく作られているようです。特に女性の方でワコール製品など下着を購入する場合、身体にあてるなりしてサイズを確認してください

 

補足情報ですが、2017年8月4日にパトゥムワン交差点のスカイウォーク完成により、サイアムディスカバリー、マーブンクロン・センター(MBK)、バンコク芸術文化センターが交差点を渡ることなく移動可能となっています。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

アジアン雑貨を探すなら「タニヤ・プラザ」

タニヤ通り沿いの左側にあるピンク色をした建物が「タニヤ・プラザ」。ゴルフ用品店が多く、興味のない人は入りにくい建物ですが、3階には、セラドン焼とテーブルウエアの「ザ・レジェンド」、竹細工の「タムナン・ミンムアン」が出店しています。
MBKでもアジアン雑貨を購入できますが、タイのお土産感が強くていただけません。品質の良いお洒落な竹細工品やセラドン焼物等なら、コチラをお薦めいたします。

taniya_map

2012_11100007

■竹細工の「タムナン・ミンムアン」 タニヤプラザ3階

細かい竹で編みこまれたバッグや小物入れ等見るべき商品が多数そろっています。但し、その分お値段が張りますが…

2012_11090039

■セラドン焼とテーブルウエアの「ザ・レジェンド」 タニヤプラザ3階

セラドン焼きの食器・木製品が手頃な価格で揃っていて訪タイ中に必ず寄る店舗の1つです。セラドン焼きの湯飲みを購入した際には丁寧に包装していただけましたし、ローズウッドの箸を纏め買いした際には、割引サービスもしていただきました。

2012_11090038

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タニヤには、牛丼の「牛野屋」がある

6年前、タニヤ・エリアを散策していると見慣れた看板がありました。「吉野屋」がとうとうタイにも進出したんだなあと思いましたが、よく見ると「吉野屋」ではなく「牛野屋」。↓コレ、勘違いしますよね!

2012_11090026          (photo by 絵夢座)

そんな「牛野屋」ですが、2016年3月のニュースでは、シーロムエリアにトマトラーメンを出す店があると話題になっていました。調べてみると「牛野屋」を運営してる会社がバンコクに3店舗展開してタイ人でにぎわっているらしいとの事。

ちなみにお店の場所は、BTSサラデーン駅近く。駅を出てタニヤ通りを30M程歩くと、右側の通りに駐車場のゲートがあります。そこを過ぎた右側の細い通り沿いにあります。

2014_04090031

2014_04090029

2014_04090030

 

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

安全保障予算増額に一部で批判

立法議会(NLA)で6月7日、来年度の国家予算案が第1読会を通過した。ただ、来年度予算では国家安全保障予算が20%増額されることから一部で「治安は改善されているはずなのになぜ治安のための予算の増額が必要なのか」といった批判意見が出ている。

昨年度(2016年10月~17年9月)は国家安全保障関連のプロジェクトなどに約2740億バーツが投入されたが、来年度は3291億バーツがつぎ込まれる予定。プラユット首相は7日、歳出が3兆バーツにのぼる来年度予算について「国が必要としていることにマッチするものであり、将来に向けた投資だ」と説明した。

だが、政府に批判的なタクシン派タイ貢献党からは、「現政権がまじめに国の抱える問題の解決に取り組んでいたとすれば、治安は改善されていたはず。国家安全保障予算を増額するということは、治安問題が解決されていないこと、すなわち政府が問題解決に真剣に取り組んでこなかったことを示している」との批判も出ている。
(バンコク週報 2018年6月8日)

2010_05030092

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ警察、マリファナ栽培Facebookグループのメンバー3,900人を追跡へ

各報道によるとタイ警察は2018年6月7日、マリファナ(大麻)のオーガニック栽培のための情報交換用Facebookグループの参加者を追跡すると明言しました。Facebookグループの参加者は3,900人に及びます。

タイ警察によると、逮捕した3人の容疑者が既に閉鎖されたFacebookグループ内でマリファナの売買をしていたため、グループの3,900人のメンバー名前を割り出し、マリファナを購入したかの調査を行うとのこと。購入していたことが明らかになった場合は、法的措置を取るとのこと。

なおタイでは先日、医療目的での大麻の研究を可能にする法案が閣議で承認されており、医療大麻解禁に向けて動きつつあります。
(タイランドニュース 2018年6月8日)

20180122

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。