ロシアW杯、オンライン賭博宣伝のキャンギャル1,000人を摘発へ

各報道によるとタイ警察は2018年6月12日、間もなく開幕する「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」の違法賭博を行う、オンライサイトを宣伝するキャンペーンガール(タイではプリティと呼ばれています)たちを特定すると発表しました。

タイでは宝くじと競馬以外の全ての賭博行為が法律で禁止されており、当然ワールドカップの勝敗を予想して金銭を賭けることも違法。タイ警察によると、ワールドカップ賭博オンラインサイトの宣伝をするキャンペーンガールは1000人以上いるとしており、特定されて裁判で有罪となれば、キャンペーンガールとその関係者には、最高1年の懲役か1,000バーツの罰金、またはその双方が科されることになります。
(タイランドニュース 2018年6月12日)

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

総選挙の準備 副首相が関係機関と協議へ

憲法起草委員会(CDC)のミーチャイ委員長は6月12日、ウィサヌ副首相が14日夕方にCDCと中央選挙管理委員会と総選挙の準備について政府庁舎で協議する予定だと明らかにした。

だが、具体的に何を話し合うかはまで決まっていないという。民政復帰のために不可欠な手続きである総選挙は今のところ、来年2月に実施される見通しとなっている。

また、現行の新憲法のもとでは下院議員選挙のやり方が一部変更されていることから、これを有権者に説明する必要があるとして政党が政治活動禁止令の解除を要求しているが、ミーチャイ委員長は、(電子メールを送付するなど)電子的に情報を送ることで説明することができると述べて、要求は説得力に欠けるとの見方を示した。
(バンコク週報 2018年6月13日)

20180612

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

政府がタイを横断する複線鉄道整備計画を大筋承認

政府は6月12日の閣議で西部ターク県と東北部ナコンパノム県をつなぐ複線鉄道を整備することを大筋で承認した。

この路線は、タイの西側に位置し、ミャンマーと国境を接するターク県と東側に位置し、ラオスと国境を接するナコンパノム県をナコンサワン県、カムペンペット県、コンケン県などを経由してつなぐもので、全長は902キロに及ぶもので、東部経済回廊(EEC)の輸送ルートの一環となっている。

なお、この計画は実行可能性の調査が済んでいないため、どの程度費用がかかるか今のところ定かでない。
(バンコク週報 2018年6月13日)

20180613

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

タイのお酒「メコン」を飲んだ皇太子殿下

「メコン」といえばタイを代表するサトウキビとモチ米からできた蒸留酒。タイウィスキーと言われることも多いですが、実際はラム酒に分類されるのだとか。そんな「メコン」の話題が「週刊現代 2018年6月23日号」に掲載されていました。

2019年4月30日の天皇陛下の譲位に伴い、即位される皇太子殿下のお人柄を伝える『ご学友たちに聞いた「次の天皇」浩宮って、どんな人?』の記事の中の記述。皇太子殿下のご学友であるアンドルー・B・アークリー氏の、皇太子殿下はお酒が強いというお話の中で、秋篠宮殿下がご結婚された後のパーティーで、皇太子殿下が「メコン」を飲んだというエピソードが語られています。

(以下引用)「秋篠宮殿下がタイのメコンウイスキーをお持ちになった。それを(皇太子殿下が)クイクイ飲んでしまったのです。」

度々タイを訪れており、タイ好きで知られる秋篠宮殿下がタイで購入したのであろう「メコン」を、美味しそうに飲む皇太子殿下を想像したら、今夜は「メコン」を飲みたくなってきました。
(タイランドニュース 2018年6月13日)

2014_12300001

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

サイアム・パラゴンの地下1階にある水族館「サイアム・オーシャン・ワールド」

 

サイアム・パラゴンは、BTSサイアム駅前にある巨大なショッピングモール。館内には、高級車のディーラーやシネコン、地下1階にはサイアム・オーシャン・ワールド(水族館)があります。

サイアム・オーシャン・ワールドは、約1万平方メートルの敷地面積があり、水槽上部から餌付けをすボートツアーや水槽内をダイビングやヘルメット型潜水具で水中散歩も楽しめる水族館ですが、入場料が非常に高いのが難点です。

2008_03220052

2015_07120115

2006_11240028

2006_11240043

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。