バンコク高架鉄道BTSでまたトラブル 問題解決発表の翌日

バンコクの高架鉄道BTSの公式ツイッターによると、4日午前10時ごろ、BTSのスクムビット線で不具合が発生し、運行に遅れが出た。約40分後に通常運転に戻ったとしている。

BTSでは今年に入り、信号システムの不具合による運行の遅延が頻発。特に6月は22日から27日まで連続してトラブルが発生し、運行が大きく遅れた。この問題について、BTSの運行会社バンコク・マス・トランジット・システム(BTSC)は今月3日、新しい信号システムの導入が完了し、運行トラブルが解消されたと発表していた。
(newsclip.be 2018年7月3日 20時27分)

20180628

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

チェンライ県洞窟の知名度急上昇 観光客誘致へ

タイ北部チェンライ県のタムルアン洞窟に入った地元サッカーチームの少年12人とコーチが増水のため出てこられなくなり、海外でも大きなニュースとなっている。

このため、タイ国政府観光庁(TAT)チェンライ支部のカルナ支部長は、この洞窟を含む同県の観光スポットを前面に出した観光促進キャンペーンを地元当局と共同で展開する用意のあることを明らかにした。

同支部によれば、昨年の統計ではタイ最北端チェンライ県を訪れた観光客は計270万人、観光収入は約300億バーツとなっている。
(バンコク通報 2018年7月4日)

※今のタイミングで言う?

20180614

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

国王陛下の誕生日を祝い新紙幣発行 7月28日から

タイ中央銀行のウィラタイ総裁によれば、ワチラロンコン国王陛下の66歳の誕生日である7月28日、陛下の肖像をあしらった新紙幣が流通することになった。この日から銀行など金融機関で500バーツおよび1000バーツの新紙幣との交換が可能となる。
(バンコク通報 2018年7月4日)

2015_02110092

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

4月のクレジットカード利用額、前年比11.22%増

タイ中央銀行(BOT)によると、2018年4月のクレジットカード利用額が前年同月比11.22%増の1604億8688万バーツとなった。

このうちタイ国内での利用額は同11.84%増の1297億8469万バーツ、国外での利用額は同5.63%増の143億6934万バーツ、キャッシングは同11.52%増の163億3385万バーツ、利用残高は同7.16%増の3629億567万バーツとなった。

クレジットカードの発行枚数は、累計で同5.68%増の2072万7375枚となった。
(タイ通 2018年7月4日 13時16分)

2015_07120093

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

韓国人カップルがキムチテロ?民泊を営むタイ人女性が告発、韓国ネットは「自作自演」を主張

2018年7月3日、韓国・国民日報によると、タイの人気観光地・プーケットで民泊を営む女性が、韓国人男性と米国人女性が宿泊した後の部屋の様子を公開した。

記事によると、女性がフェイスブックに掲載した写真には、手がつけられないほど散らかった部屋が写っていた。壁やソファー、カーテンはびりびりに破れ、天井や床、ベッドには茶色い粉がまかれている。女性によると、ソファーの切れ目からはキムチが出てきた。さらにテレビ2台とトースターも壊れていたという。

女性は「韓国人男性と米国人女性が宿泊した後の部屋。2人が宿泊する前はもちろん、チェックアウトの時点でもきれいだった。2人は合鍵を使ってマンションに再び侵入し、部屋を荒らした」と主張。また、「34万3000バーツ(約114万円)の損害が生じた」とし、2人のパスポートのコピーも公開した。このニュースはタイの現地メディアで「韓国人カップルがキムチテロを行った」との見出しで報じられ、波紋を広げているという。現在はタイの警察とタイ移民当局に報告された状態。また、写真は現在、削除されているとのこと。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「どこの観光客が合鍵まで作ってそんなことをする?補償金を狙ったのだろう」「タダで家を修理したかった?」「本当にキムチが出てきたの?徹底的に調査してほしい」「本当に韓国人の仕業なら、犯行にキムチは使わないだろう」など、女性の自作自演を疑う声が多数寄せられている。

また、現地の報道にも「女性は米国人なのに、なぜ韓国人カップルと呼ぶ?韓国を見下しているのか?」「韓国と米国のコラボなのに、なぜ韓国を強調するのか…」と不満の声が上がっている。

一方で「韓国人の夫と激しくけんかしたようだ」「本当なら大変。韓国の恥をさらすことになる」「もしかしてタイに嫌韓が拡散?」など懸念の声も上がっている。
(Record China 2018年7月4日 11時40分)

20171108

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。