韓国人カップルがキムチテロ?民泊を営むタイ人女性が告発、韓国ネットは「自作自演」を主張

2018年7月3日、韓国・国民日報によると、タイの人気観光地・プーケットで民泊を営む女性が、韓国人男性と米国人女性が宿泊した後の部屋の様子を公開した。

記事によると、女性がフェイスブックに掲載した写真には、手がつけられないほど散らかった部屋が写っていた。壁やソファー、カーテンはびりびりに破れ、天井や床、ベッドには茶色い粉がまかれている。女性によると、ソファーの切れ目からはキムチが出てきた。さらにテレビ2台とトースターも壊れていたという。

女性は「韓国人男性と米国人女性が宿泊した後の部屋。2人が宿泊する前はもちろん、チェックアウトの時点でもきれいだった。2人は合鍵を使ってマンションに再び侵入し、部屋を荒らした」と主張。また、「34万3000バーツ(約114万円)の損害が生じた」とし、2人のパスポートのコピーも公開した。このニュースはタイの現地メディアで「韓国人カップルがキムチテロを行った」との見出しで報じられ、波紋を広げているという。現在はタイの警察とタイ移民当局に報告された状態。また、写真は現在、削除されているとのこと。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「どこの観光客が合鍵まで作ってそんなことをする?補償金を狙ったのだろう」「タダで家を修理したかった?」「本当にキムチが出てきたの?徹底的に調査してほしい」「本当に韓国人の仕業なら、犯行にキムチは使わないだろう」など、女性の自作自演を疑う声が多数寄せられている。

また、現地の報道にも「女性は米国人なのに、なぜ韓国人カップルと呼ぶ?韓国を見下しているのか?」「韓国と米国のコラボなのに、なぜ韓国を強調するのか…」と不満の声が上がっている。

一方で「韓国人の夫と激しくけんかしたようだ」「本当なら大変。韓国の恥をさらすことになる」「もしかしてタイに嫌韓が拡散?」など懸念の声も上がっている。
(Record China 2018年7月4日 11時40分)

20171108

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中