カンボジアと隣国タイを結ぶ鉄道、45年ぶりに復旧

カンボジア政府は4日、首都プノンペンと隣国タイとの国境を結ぶ鉄道の最後の区間が復旧し、45年ぶりに同区間での運行を再開したと発表した。

カンボジア・タイ間の移動時間の削減と貿易の促進を目的とした同区間の復旧工事には、アジア開発銀行が2009年に1300万ドル(約14億円)を出資した。

カンボジアのスン・チャントル公共事業・運輸相は、北西部ポーサット州からプノンペンに向かう列車が4日朝に運行したと表明。また、カンボジア・タイ両国間の残りの区間についても工事終了の見込みを指摘し、「今日はわが国にとって歴史的な日となった」と述べた。

列車が国境を越えるには、今後カンボジア・タイ両国が合意を結ぶ必要があるが、スン・チャントル氏によると両国はすぐにでも合意を結びたい意向だという。

カンボジアの鉄道の大半はフランス植民地時代に建設されたもので、冷戦時代の長年にわたる激しい内戦によって多くが損傷を受けた。

今回復旧したポイペト近郊の48キロの区間も1973年、内戦で破壊されていた。

カンボジアには、タイと国境を接する北部から南部の海岸まで延びる600キロ超の路線がある。
(JIJI.COM 2018年7月6日 12時35分)

20171114

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中