やっぱり中国の無謀が原因ータイ・プーケット島沖のボート転覆事故「悪天候の出航禁止を無視」

2018年7月10日、41人が死亡したタイ・プーケット島沖のボート転覆事故の原因は、やはり中国人の無謀さが原因だった。

タイ地元紙によると、ボート運航会社の経営者は中国人で、パッケージ旅行の主催社も中国旅行会社だった。タイ当局では、悪天候のため出航を禁止していたが、出航を強行した。

理由は、低価格の破格値パッケージツアーで、中国人旅行者が購入する土産物店からのキックバックや、オプショナルツアーのキックバックにより、成立するツアーだった。

粗悪品を高値で買わせる土産物店は、中国国内では知られてきており、最近ではオプショナルツアーのキックバックに力点を置いていた。

悪天候を理由にオプショナルツアーが実施できない場合、すでに集金した旅行代金を返金しなくてはならず、大きな無理をしても出航しなくてはとの目先の収益優先の考えが、安全重視を上回ってしまった。痛ましい事故だ。

プラウィット副首相は、この事故について、違法なパッケージツアーが元凶。同事故がタイの観光業に悪影響を与えることはないと話している。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年7月10日 14時00分)

2014_10230049p

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

バンコクと近郊で覚醒剤150キロ押収、9人逮捕

タイ警察は9日、バンコク都内と北郊のノンタブリ県で麻薬取締法違反容疑のタイ人の男8人と女1人を逮捕し、覚醒剤150キロ、携帯電話15台などを押収したと発表した。

押収した覚醒剤はミャンマーからタイ北部に密輸され、路線バスなどでノンタブリなどに持ち込まれたとみられている。
(newsclip.be 2018年7月10日 11時43分)

※昨日に引き続き覚醒剤押収のニュース。イタチごっこ!

20171108.gif

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

 

狂犬病ワクチン タイ国内で製造か

現在輸入に頼っている狂犬病ワクチンをタイ国内で製造する案について7月9日、畜産開発局で、協議が行われた。これは、輸入ワクチンの調達に絡む不正の疑いが過去にあったことによるもの。畜産開発局長が議長を務めたこの協議には関係政府機関などから代表が出席した。
(バンコク通報 2018年7月10日)

2011_08270087

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

洞窟事故 行き過ぎたマスコミの取材に批判

北部チェンライ県のタムルアン洞窟には、救出活動などに関する情報をいち早く手に入れようと大勢のマスコミ関係者が詰めかけているが、行き過ぎた取材も多く、批判を浴びている。

例えば、救出された少年らを撮影しようと飛ばされたドローンが少年らを病院に搬送するヘリコプターの邪魔になったケース。また、救出活動に携わっている人たちの無線通話を傍受して報道したケースもあった。

警察の担当者は、「傍受した無線通話の内容が今後も報じられるようであれば、法的措置をとる」としている。また、ドローンを飛ばした者は「空軍関係者の許可を得ていた」と主張しているというが、空軍側これを否定しており、警察では詳しく事実関係を調べる方針だ。
(バンコク通報 2018年7月10日)

20171128

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ米のパッケージにアンコールワットを描いたタイの業者、カンボジア政府が警告

例えば韓国産のキムチのパッケージに、日本のシンボルである富士山のイラストが描かれていたら、日本人としては良い気分はしませんね。中には怒りを顕にする人も少なくないに違いありません。一方カンボジアでは、カンボジアのシンボルである世界遺産の寺院アンコールワットがパッケージに描かれたタイ産の米で一悶着です。

各報道によるとカンボジア商業省は先日、アンコールワットをパッケージに描いているタイ米を生産するタイの業者に対し、アンコールワットのイメージ使用しないように警告。それを受けてタイ商務省はタイの業者に対し、アンコールワットのイメージの使用を控えることを求める声明を発表しました。

なお、既にタイの業者はアンコールワットのイメージをやめ、新しいパッケージデザインを使用することに同意しているそうです。
(タイランドニュース 2018年7月10日)

20180307

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。