日本のセブンイレブンでビールサーバー設置開始、タイでは批判を受けて中止になっていた!

各報道によると2018年7月14日、日本のセブンイレブンが、首都圏の一部店舗にビールサーバーを設置して、生ビールのテスト販売を始めると明らかになりました。価格はSサイズは100円と、いつでも気軽に飲める超お手頃価格です。

そんなセブンイレブンのビールサーバーですが、タイでは2017年10月に試験的に18店舗に設置されました。SNSにも動画が投稿されるなど、大きな話題になりました。

しかしアルコールの広告が禁止されていたり販売時間に制限があったりと、アルコールには厳しいタイですから、「テスト販売成功→本格販売開始」とはなりませんでした。

最初に持ち上がったのが法的問題。ビールサーバーのロゴが広告に当たるのではないかということと、店舗で客自身がビールを注ぐことが違法であるということ。これらは、通常ビールサーバーにカバーをして見えなくすることと、ビールを注ぐのは店員が行うということで、法的問題はなしとなったのです。しかし…。

さらに大きな問題は、アルコール反対運動家たちからの強い抗議でした。彼らの主張は、ビールサーバーの設置により、気軽にビールを飲む人が増えてトラブルが起きかねないというもの。先述の通りアルコール販売時間には制限があっても、今でも気軽にセブンイレブンでビールは買えるので、ビールサーバー設置でも大きな変化はないようにも思えるのですが、アルコール反対運動家たちは店頭でデモを行うなどして強く反対。結局ビールサーバー設置は中止となったのです。
(タイランドニュース 2018年7月15日)

2015_07110096
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中