タイで船に乗ると、多かれ少なかれ危険を感じる

タイで船に乗ると、多かれ少なかれ危険を感じる。一番の理由は、定員を大幅に超えていることが多いからだ。チャオプラヤー川の連絡船でも、南部プーケットのサンゴ礁を巡る観光船でも、少しでも元を取ろうという事業者の気持ちが強い。配布される救命具も古く、「形だけ」という印象だった。

中国人旅行者が多く乗船し、今月上旬にプーケットでボートが転覆した事故では、これまでに47人の死亡が確認された。高波と強風で転覆したとされるが、それ以前に安全対策に問題がなかったか疑問だ。観光関連で事故がある時の通例で、運航会社の問題や港湾局の監視体制などが話題となっているが、これまでに同様の事故が繰り返されることからも、業界全体での安全の見直しが急務だと感じる。

船に安心して乗れるようになれば、タイ観光の印象も大きく改善しそうだ。
(NNA ASIA 2018年7月17日 00時01分)

2015_07140089
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中