鶏肉の4割から抗生物質 タイ消費者団体調査

タイの消費者団体「ファウンデーション・フォー・コンスマーズ」は19日、9―15日にバンコク首都圏のスーパーマーケット、市場で購入した鶏肉62サンプルのうち26サンプルから2種類の抗生物質が検出されたと発表した。

調査したのは胸肉32サンプルとレバー30サンプルで、このうち5サンプルからフルオロキノロン系抗生物質のエンロフロキサシンが、21サンプルからテトラサイクリン系抗生物質のドキシサイクリンが検出された。

検出されたドキシサイクリンはいずれもタイ保健省の定める基準値内だった。

同団体によると、タイ当局は出荷時点で残留していないこと条件にエンロフロキサシンの使用を認めている。
(newsclip.be 2018年7月22日 18時44分)

20171219
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中