日本にもタイにも存在する中華街、だが両国で違うのは…

海外旅行ブームが続いている中国。訪日中国人の数は今も堅調に増え続けている。一方、観光地として人気のタイでは近年、訪れる観光客の数が伸び悩んでおり、タイ国内にある中華街も客数減少に直面しているという。

中国メディアの快資訊はこのほど、タイの中華街は景気が悪くなり始めていると伝える一方、同じ中華街であってもアジア最大規模の日本の中華街は「今も活気があふれている」と伝える記事を掲載した。

日本政府観光局によれば、2018年1月~6月に日本を訪れた中国人外客数は405万人を超え、前年比23.6%増となっている。このまま堅調に増え続ければ、中国人の年間訪日客数が過去最高を更新するのは間違いないと見られる。

記事は、タイの中華街は外国人旅行客を対象にビジネスを展開する店が多いため、観光客の減少はそのまま売り上げに直結してしまうと強調。一方、横浜中華街はアジア最大級の中華街であり、タイの中華街との大きな違いは「自国の消費者をターゲットにしている点だ」と伝え、横浜中華街は仮に中国人訪日客が減少しても「ほとんどダメージはない」のだと紹介した。

中華街は日本国内にも複数存在し、タイをはじめとする東南アジアにも同様に存在する。中華街がない主要国はロシアくらいとされており、中国人の行動力や国外における団結力は目をみはるばかりだ。
(Searchina 2018年7月24日 13時12分)

P1010031          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中