タイで海外ゴミのリサイクル工場を取締り 50万トンが違法廃棄

エレクトロニクスのゴミを外国から持ち込み、タイに捨てている、と報道され、輸入ストップがかけられたリサイクルゴミだが、タイ投資奨励委員会(BOI)でも、許可している74工場や今後の許可に対しても厳格に調査し、違反している工場はBOIの認証を取り消すなどとしている。

リサイクル事業でBOIの恩典を得ているのは、プラスチックのリサイクルと、海外からのゴミの再生事業の2つ。

現在、プラスチック関連については35工場がBOIの恩典を受けており、タイ国内のプラスチックのみのリサイクルで、法人税免除3年、機械の輸入税免除、輸出への税免除となっている。

一方、再生事業については39工場で、法人税免除8年などとなっている。

違法にエレクトロニクスの輸入ゴミを受けている工場を、警察当局が取り締まっており、今回、33工場が違反しており、その量は50万トン以上にのぼるという。その多くが中国人オーナーの工場という。

ラチャブリー県でも、付近の住民から、異臭がする、外国人労働者が働いている、などの通報を受け、査察が入り、ミャンマー人32人、中国人11人が拘束され、中国人らによると、タイでの仕事を見に来ただけ、と話しているという。
(DIGIMA NEWS 2018年7月27日)

20171128
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中