タイのコンドミニアム購入 外国人購入者の半分が中国人に

タイの不動産コンサルティング会社JLLによると、今年前半のコンドミニアムの購入で、外国人のうちその半分が中国人による購入だった、としており、外国人の中では現在、一番、中国人がコンドミニアムの購入が多いことがわかった。

場所では、ラチャダーピセック通りからラマ9世通り周辺の物件で、スタジオ、1ベッドルームのタイプが多く、価格は150万~300万バーツほどの物件が人気という。

バンコクには現在、中国企業が次々にやって来ており、そのスタッフらの購入によるものや、あるいは自分で住む中国人、そのほか、投資のために購入するケースも多いという。

投資のケースでは、タイ旅行の際に使うケースや、中国人のタイ旅行者向けに貸し出すケースなどもあり、タイは中国人にとって身近で最も来やすいリゾート地のため、それらの旅行者向けに購入しているケースも目立つという。

また、中国人の富裕層では600万バーツ以上のスクムビット界隈やチャオプラヤー川沿いの豪華な物件なども購入しているという。

一方、中国政府が現金の流出を防ぐため、1人で1年約160万バーツまでと規制していることについては、人気の物件がそれほど高くないため、中国からの送金は問題ないとしている。

そのほか、タイや外国の銀行がコンドミニアム購入に関して、外国人のローンを扱っているところもあり、労働許可証を持っているなどの条件で、ローンを認めている金融機関もあるという。
(DIGIMA NEWS 2018年7月27日)

2015_02120016
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中