タイの深刻な人手不足 新卒者の半数が就職せず

タイの求人状況では、タイの少子化や高齢化、そして、EEC(タイ東部経済回廊)などへの企業の増加などにより、人手不足が言われているが、ネットの求人サイトJobsDB.comの幹部によると、不足している人材では、IT、技術者、経理、デジタル関連などで、デジタルでは全体で4,800人ほどの募集があるが、それに応募しているのは700人ほどしかいない。

また、英語力があると、チャンスが広がるとしており、同じ職種でも英語ができる人はできない人の給料30%増しとなっており、スキルとして英語を身に着けておくことが高給につながる。

また、経営者が欲しい人材については「言ったことをのみこめる」「英語ができる」「学んできたことと合致する」「仕事への前向きな姿勢、発展」「チームで仕事ができる」などを上げている。

一方、労働局などによると、タイの大学の新卒者は1年で30万人ほどいるが、仕事に就いていない人は半分にものぼるとしており、理由については「自分が見込む給料に対して低すぎる」「自分のやりたい仕事ではない」「まだ仕事に就きたくない」「続けて勉強したい」などで、人手不足の中でも積極的に仕事に就かないタイ人も多いということになる。

あるIT系の日本人社長によると、IT関連の人材探しは年々、難しくなっており、新卒では今は3万バーツから、というのも普通。会社でスキルを身に付ければ1年で1万バーツほどの昇給で、3年後には、6万バーツほどの人材となり、その給料を出せなければ、ライバル会社に移ってしまう、となげいている。
(DIGIMA NEWS 2018年7月26日)

2014_04080006
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中