タイの輸出 現在好調も今年下半期に減速か

タイ商工会議所大学(UTCC)によれば、タイの輸出は昨年下半期と今年上半期に前年同期比でそれぞれ12%、11%の成長を記録したが、今年下半期は減速し5.5%程度の成長にとどまる見通しという。

このため、今年の輸出成長率は、昨年の9.9%より落ち込み、7.3~8.9%程度の成長となる可能性が高いとのことだ。
(バンコク週報 2018年8月8日)

20171113
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

民泊などで気をつけたい、タイ入国カードの申請


2018年8月7日、タイでは入国時にイミグレーションカードなどと呼ばれる入国カードを記入するが、実はこのカードの番号は居住地の名義人がイミグレーション・オフィスに24時間以内に申告しなければならない。

観光客には特に関係ないが、長期滞在する場合にビザの延長などができなくなる可能性もあるため、長期滞在者は一応制度を理解しておく必要がある。

タイの入国カードには番号が割り振られてあり、外国人が到着すると、ホテル、ゲストハウスのほか、マンションやアパート、民家のオーナーや管理者はイミグレーション・オフィスに24時間以内に申請しなければならない。入国のたびに申請しなければならず、初回はオフィスでアナログ的に申請する必要があるが、係官に依頼するとログインIDなどがもらえ、オンラインで報告できるようになる。外国人の滞在場所の把握などをするためで、警察の捜査や捜索などに利用される。

しかし、バンコクなど外国人が多いところではあまり厳密に運用されていないこともあり、申請されていなくてもなんら問題はない。また、空路での出入国も厳密には確認していない。そもそも罰金の対象になるのも外国人ではなく、滞在先のオーナーや管理者になる。そのため、外国人観光客はあまり気にする必要はない。

ただ、地方都市のイミグレーションではビザ延長や各種申請の際に報告をしたときに発行される受理票の提出を求められることがある。近年はタイも民泊が増えており、一般的なタイ人には知られていないため、長期滞在で利用する際に部屋のオーナーが申請していないこともある。地方での長期滞在の場合は一応確認するべきである。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年8月7日 10時15分)

ed_card1
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

タイ最古の動物園、8月末で閉園

1938年に開園したタイで最も古い動物園でバンコクのチットラダー宮殿の裏にあるドゥシット動物園が8月末で営業を終了する。同動物園の動物は北部チェンマイ、東北部ナコンラチャシマ、南部ソンクラーなど国内6カ所の動物園に引き取られる。

ドゥシット動物園を運営するタイ動物園公社はバンコク北郊のパトゥムタニ県タンヤブリ郡に新しい動物園を建設し、3~5年後に開業する計画。新しい動物園の敷地はドゥシット動物園の約3倍の約48ヘクタール。
(newsclip.be 2018年8月8日 14時11分)

20180307
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

無許可営業で閉鎖命令、タイ南部クラビ市の宿泊施設239軒

タイのテレビ報道によると、タイ南部のクラビ県当局は7日、同県クラビ市内で無許可で営業していた中小宿泊施設239軒に閉鎖命令を出した。

無許可営業の宿泊施設はタウンハウスなどを違法に改装したものが多く、防火安全対策などが不十分だという。
(newsclip.be 2018年8月8日 11時39分)

20180204
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

屋台のおばちゃんが偽札被害、オモチャの100バーツ札に釣り渡す

タイのFacebookユーザーPooweset Moryaさんは2018年8月6日、タイ東部チョンブリ県の市場で豚の串焼き・ムーピンを販売する屋台のおばちゃん(60歳)が、偽札被害を訴える様子の画像と映像を投稿しました。

事件が起きたのは夕方。40バーツ分の買い物をした客が二つ折りにした100バーツ札で支払いをしたため、おばちゃんは60バーツのお釣りを渡したとのこと。おばちゃんはその時は非常に忙しく、100バーツ札はそのままカゴに放り込んで置いたのだとか。

仕事も一段落した頃に改めてカゴの中の100バーツ札を確認したところ、なんとそれはオモチャの100バーツ札だったのです。オモチャの100バーツ札は絵柄が「遊☆戯☆王」でどう見てもオモチャなのですが、色合いが本物ほほぼ同じ。忙しい時に折りたたんで渡されたため、おばちゃんは本物と思いこんでオモチャの100バーツ札を受け取ってしまったのです。

犯人を捕まえたいところですが、残念ながらおばちゃんは犯人の顔は全く覚えていないのだそうです。
(タイランドニュース 2018年8月8日)

2012_11131053          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。