台湾人と香港人、タイの空港で設置の中国人専用レーンの利用が可能に

プーケットでの中国人観光客47人が死亡した海難事故により、タイを訪れる中国人が激減。それを受けてタイ政府は2018年8月3日、中国人観光客を呼び戻すためをスワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、ハジャイの5つの空港では、中国人専用の入国レーンを設置し、中国人をVIP扱いとしました。

タイ字紙カオソートによると、ある中国紙が、香港人と台湾人の旅行者がタイの中国人専用レーンの利用を拒否されたと報じました。なお香港は中国の一部ではあるものの一国二制度をとっており、台湾に関しては、中国側は台湾は中国の一部としていますが、独立状態を保っています。中国からすれば、香港人と台湾人は中国人であり、分けて扱うのは容認できないのです。

この中国報道を受けて、ドンムアン空港を監督する将軍はインタビューで、「両地域からの旅行者はイミグレーションでは中国人として扱われるため、中国人専用レーンを利用する資格がある」と回答したとのこと。
(タイランドニュース 2018年8月11日)

2016_09200004          (photo by 絵夢座)

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

警察幹部に警鐘 公用車を私用車として使うな

チャクティップ警察庁長官はこのほど、警察幹部を対象に公用車を自身が所有する車のよう私用に使ってはならないと通達した。

警察幹部には公用車を公務に使用することが許されているが、一部幹部は公用車を自宅に置いたままにしてマイカーのように使っているという。

同長官によれば、公用車は使用後は所定の場所に戻す必要があり、日をまたいで使用する場合は事前の許可が必要とのことだ。
(バンコク週報 2018年8月10日)

20171108
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。