順調なタイ観光市場 19年はGDPの18~19%に

タイ国政府観光庁(TAT)は、外国人観光客数が2018年に3750万人、19年には4000万人に達すると予想している。また、19年の観光収入は前年比10%以上の3兆4000億バーツ(約11兆3000億円)に拡大すると予測する。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

TATのユタサック・スパソーン総裁は19年の観光収入について、外国人で2兆2800億バーツ、国内の観光客で1兆1200億バーツになると予想した。また、19年は外国人観光客数の4000万人に対し、国内の観光客数が1億6900万人になるとしている。同総裁は「観光業は国内総生産(GDP)の18~19%を占め、今後も拡大が予想される」と述べた。

TATは、少年ら13人が閉じ込められたタイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟を新たな観光スポットにすることも検討している。TATチェンライ事務所の担当者は「救助チームが少年らを発見して以来、洞窟は国内外の旅行者から関心を集めている」と説明した。
(SankeiBiz 2018年8月15日 05時52分)

2015_02110067

※中国人観光客がプーケットの転覆事故以降減少しているとのニュースが以前ありましたが、観光市場好調のようです。

個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中