欧州で流行のはしか タイでもバンコクなど70都県で感染報告

タイ保健省によると、1月1日~8月17日にタイ国内で報告があった麻疹(はしか)患者は70都県の1594人で、このうちバンコク都が347人を占めた。死亡報告はない。

人口10万人あたりの感染者数が最も多かったのは中部プラジュアブキリカン県で19.4人、次いでサムットサコン県10.8人、南部ヤラー県10.3人、東北部アムナートジャルーン県9.6人、北部チェンマイ県9.2人だった。

はしかについては、世界保健機関 (WHO)が20日、今年に入り欧州で流行していると警告した。欧州でのはしか患者数は2016年5273人、2017年2万3927人で、今年は1―6月に4万1000人以上が感染し、少なくとも37人が死亡した。
(newsclip.be 2018年8月22日 20時38分)

20171117
個人でタイ旅行を計画した際に1つのサイトで情報収集出来なかったので旅行者目線でタイ・バンコク情報サイト「KATEのバンコクガイド」を立ち上げています。

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中