タイ格安航空ノックエア、慢性赤字で債務超過 CEO辞任

タイの格安航空ノックエアの苦境が深まっている。

慢性赤字から脱却できず、6月末で債務超過に転落。運転資金が枯渇し、今月15日、筆頭株主であるタイ自動車部品大手サミット・グループのオーナー、ジュラーンクーン家から5億バーツを借り入れることを決めた。27日にはピヤ・ヨードマニ最高経営責任者(CEO)の辞任が発表された。

ノックエアは2014~2017年に約60億バーツの赤字を計上。昨年9月には創業株主で創業当初からCEOを務めてきたパティー・サラシン氏が大株主のタイ国際航空などの圧力に屈する形でCEOを退任し、副CEOだったピヤ氏が後任に昇格した。しかし、その後も経営は上向かず、今年1~6月期も8.6億バーツの赤字を計上した。

ノックエアは業績の低迷について、競争激化、運航遅延による旅客離れなどを挙げ、経営再建に向け、商品の調整、他業種を含む企業との連携などを進める方針を示している。ただ、市場はこうした方針に反応せず、株価は年初から3割以上下落した。

ノックエアは2004年、マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ進出に対抗するため、タイ政府系資本とタイ王室系資本が中心となり設立された。当初は筆頭株主であるタイ航空の格安部門と目されたが、パティーCEOが独自経営を行い、タイ航空とはぎくしゃくした関係が続いた。

2013年にタイ証券取引所(SET)に上場し、パティーCEOらは多額の上場益を得たが、その後は赤字経営が続く。2016年にはパイロットの集団退職で運休が相次ぎ、28億バーツの最終赤字を計上。運転資金を手当てするため2017年に実施した株主割当増資では、タイ航空が増資に応じず、出資比率が39.2%から21.8%に低下。その間にジュラーンクーン家が株式の取得を進め、今年3月5日時点で出資比率が50%を超えた。
(newsclip.be 2018年8月28日 21時01分)

2008_10150049          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中