タイ当局、クラビ空港とコンケン空港拡張

タイ運輸省空港局は南部クラビ県のクラビ空港と東北部コンケン県のコンケン空港を拡張する。

クラビ空港では第3旅客ターミナルを建設するなどし、現在432万人の年間旅客処理能力を2022年に800万人に引き上げる。投資額38.8億バーツ。クラビはビーチリゾートとして人気が高い。

コンケン空港は年間の旅客処理能力を現在の288万人から500万人に引き上げる。2021年完工の予定。投資額20.4億バーツ。
(newsclip.be 2018年8月29日 20時24分)

2015_07120036
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

未承認蚊取り線香で健康被害も タイ当局が警告

タイ食品薬品委員会は、ミャンマーから持ち込まれたとみられる「GODZILLA」ブランドの蚊取り線香について、タイで未承認の殺虫成分を含んでおり健康に害を与える恐れがあるとして、使用しないよう呼びかけている。

「GODZILLA」ブランドの蚊取り線香はタイのミャンマー国境近くやミャンマー人労働者が多いタイ中部サムットサコン県などでみつかった。使用した人がめまい、呼吸困難などの症状を訴えたという報告が出ている。
(newsclip.be 2018年8月30日 15時52分)

20180306
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

長距離路線バスが道路標識柱に衝突、25人けが タイ中部ペチャブリ

タイのテレビ報道によると、29日午前4時ごろ、タイ中部ペチャブリ県で、南部スラタニ発バンコク行きの長距離路線バスが道路脇の道路標識柱に衝突して大破し、乗客、乗員25人が重軽傷を負った。

バス運転手のタイ人男性(36)は警察に対し、運転中に居眠りしたと話した。警察はこの運転手を危険運転致傷の疑いで取り調べている。
(newsclip.be 2018年8月30日 15時52分)

20171116
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

7月の中国人訪タイ微減、47人死亡の沈没事故影響か

タイ観光スポーツ省によると、タイを訪れた中国人は1~7月が前年同期比21.4%増の686万924人、7月単月では前年同月比0.9%減の92万9771人だった。

タイでは7月5日に南部プーケット島沖でダイビング船が沈没し、中国人客47人が死亡する事故があり、安全面の懸念が強まった。また、タイ政府幹部が、沈没事故を起こした船の運航会社は中国人がタイ人の名義人を使って違法に設立、営業していたとして、中国人に責任があるという見方を示し、中国国内で反発が広がった。こうした影響から、中国人によるタイ旅行のキャンセルが相次いだもよう。8月以降も落ち込みが続く恐れがあり、タイ政府は主要空港に中国人専用の入国審査窓口を設けるなど中国人重視の姿勢をアピールしている。

タイを訪れた外国人の総数は1~7月が11%増、2265万7730人、7月単月では2.9%増、317万5981人だった。
(newsclip.be 2018年8月29日 20時23分)

2014_10230104p
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?