7月の中国人訪タイ微減、47人死亡の沈没事故影響か

タイ観光スポーツ省によると、タイを訪れた中国人は1~7月が前年同期比21.4%増の686万924人、7月単月では前年同月比0.9%減の92万9771人だった。

タイでは7月5日に南部プーケット島沖でダイビング船が沈没し、中国人客47人が死亡する事故があり、安全面の懸念が強まった。また、タイ政府幹部が、沈没事故を起こした船の運航会社は中国人がタイ人の名義人を使って違法に設立、営業していたとして、中国人に責任があるという見方を示し、中国国内で反発が広がった。こうした影響から、中国人によるタイ旅行のキャンセルが相次いだもよう。8月以降も落ち込みが続く恐れがあり、タイ政府は主要空港に中国人専用の入国審査窓口を設けるなど中国人重視の姿勢をアピールしている。

タイを訪れた外国人の総数は1~7月が11%増、2265万7730人、7月単月では2.9%増、317万5981人だった。
(newsclip.be 2018年8月29日 20時23分)

2014_10230104p
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中