タイ国際航空、10月以降発券分の燃油サーチャージ ファースト値上げ

タイ国際航空は、2018年10月1日(月)以降発券分の燃油サーチャージ額を発表しました。これによると、9月末までの徴収額から、エコノミークラスとビジネスクラスは据え置きですが、ファーストクラスは値上げされます。

徴収額は、成田、名古屋(セントレア)、関西、福岡、新千歳発タイ行きは、エコノミークラスが40米ドル、ビジネスクラスが63米ドル、ファーストクラスが75米ドルとなっています。また、タイ以遠の区間では、9月14日(金)以降の発券分から各クラスごとに設定されています。

タイ国際航空は、シンガポールケロシン市場価格の変動に応じて、2カ月ごとに見直しを実施しており、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり55米ドルを下回った場合は、翌々月1日の発券分から燃油サーチャージが廃止となります。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/10/01から
(Fly Team 2018年9月2日 14時55分)

2015_02080044
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

ソムキット副首相が自信 「タイ経済は今年4.5%を超える成長」

ソムキット副首相(経済担当)は9月29日、バンコクのホテルで開幕したタイ証券取引所(SET)主催の経済セミナー「タイランド・フォーカス2018」の席上、「さまざまな機関で今年のタイ経済成長率が4.5%になるとの見通しを示しているが、この予想を上回る成長を遂げるものと確信している」と明言した。

さらに、タイ経済は今後も順調に成長するとして、各機関で見通しの上方修正が続くとの考えを示した。

タイ経済のけん引役である輸出は今年上半期、当初予想を上回る10%の成長を遂げており、今後も順調に伸び続けることが期待されるという。
(バンコク週報 2018年8月31日)

2015_02120028
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?