タイ国際航空、10月以降発券分の燃油サーチャージ ファースト値上げ

タイ国際航空は、2018年10月1日(月)以降発券分の燃油サーチャージ額を発表しました。これによると、9月末までの徴収額から、エコノミークラスとビジネスクラスは据え置きですが、ファーストクラスは値上げされます。

徴収額は、成田、名古屋(セントレア)、関西、福岡、新千歳発タイ行きは、エコノミークラスが40米ドル、ビジネスクラスが63米ドル、ファーストクラスが75米ドルとなっています。また、タイ以遠の区間では、9月14日(金)以降の発券分から各クラスごとに設定されています。

タイ国際航空は、シンガポールケロシン市場価格の変動に応じて、2カ月ごとに見直しを実施しており、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり55米ドルを下回った場合は、翌々月1日の発券分から燃油サーチャージが廃止となります。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/10/01から
(Fly Team 2018年9月2日 14時55分)

2015_02080044
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中