カンチャナブリで4500万バーツ相当の覚せい剤を押収

西部カンチャナブリ県サンカブリ郡で9月4日、兵士と警察官の混成部隊がピックアップトラックに積まれていた覚せい剤の粉末15キロを押収するとともに車を運転していた男を逮捕した。

当局は「大量の薬物が運ばれる」との情報を得て検問を行っていたもので、通りがかったピックアップトラックの荷物を調べたところ、ほかの荷物の下などに末端価格で4500万バーツほどになる覚せい剤が隠されていた。

逮捕された男はトラックを運転してミャンマーに行き、そこで別の男がトラックに覚せい剤を隠したあとトラックを運転してタイに戻ってきたとのことだ。
(バンコク週報 2018年9月5日)

20171116
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中