タイの運転免許証の不携帯、期限切れの罰金が値上げ

2018年9月7日、タイの報道によると、タイ陸上輸送局がタイ自動車法(道路交通法)を改正し、運転免許証の不携帯、期限切れ、無免許運転に対する罰則を強化することを発表した。これにより、刑罰、および罰金金額が以前よりもかなり厳しくなる。

タイ陸上輸送局によれば、タイの自動車運転に関する法律は1979年に制定されたものを運用しており、罰金や罰則が現代の物価感覚に見合わないため、現在の物価価値に見合った罰金に改正することになった。

期限切れの場合、これまでは罰金2000バーツのみだったところ、改正後は5万バーツの罰金もしくは3カ月未満の禁固刑になる。不携帯は罰金1000バーツから1万バーツに値上げ、無免許運転は1000バーツの罰金もしくは1カ月未満の禁固刑が、5万バーツの罰金もしくは3カ月未満の禁固刑へと改正される。

ただ、タイの運転免許証は、誕生日の3カ月前から1年後までの間であれば通常の手続きで更新できる。期限切れ1年から3年未満は筆記試験のみ、3年以降は筆記と実地試験を受けなければ更新できないというルールになっている。このため、どのタイミングを持って期限切れとするかは現場の警察官の判断になると考えられる。

日本人観光客の場合、日本で発行される国際免許証を保持してタイで運転をすることもあるが、不携帯の場合、無免許か不携帯のいずれかで罰せられることになる。

また、タイの二輪は日本のように排気量別に区分されていない。一方で日本では普通車の運転免許証で原付バイクが運転できるため、ついタイでも小型のバイクを運転してしまいがちだ。しかし、国際免許では原付の区分がないため、二輪の区分にスタンプが押されない。すなわち、二輪免許が原付だけの場合、タイでは無免許運転になってしまうので注意したい。最近はタイ国内でも国際免許の区分を警察官がチェックするようになっており、特にバイクを借りる機会の多いリゾートエリアでは摘発が相次いでいる。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年9月7日 09時15分)

2015_0712p024
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タイ西部県で女性が狂犬病に感染して死亡 今年16人目

保健省疾病対策局によれば、ミャンマーと国境を接する西部ターク県で50歳の女性が狂犬病に感染して死亡した。これで今年に入ってからの狂犬病による死者は計16人となった。

この女性は約1年前に南部スラタニ県で犬に右手を噛まれた。この犬は狂犬病ワクチンを接種の記録がなかったが、女性は狂犬病ワクチンを接種しなかった。

狂犬病は人が感染して発症するとほぼ100%死亡。傷口から入った狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達することで発症するが、ウイルスの感染速度はゆっくりで、頭部から遠い場所を噛まれるほど潜伏期間も長期に及ぶ。噛まれてから2年後に発症したケースも報告されている。
(バンコク週報 2018年9月6日)

2014_10220017s
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

中国人観光客で賑わうタイ ムスリムの観光客にも人気

中国人の観光が急増しているタイだが、タイ観光スポーツ省によると、ムスリムも世界で2番目に大きな市場で、各国でムスリムの観光誘致を行っている。

タイはムスリムが好きな国として定評があるとしており、2017年はムスリムの1億3,100万人の旅行者のうち、タイへは360万人を獲得しているという。

さらに2020年には1億5,600万人のムスリムが旅行するとしており、タイでもハラル料理やタイ・ハラル料理などの表示でわかりやすくしたり、また、ムスリムの歴史と関連ある場所や文化などとも結びつけて、観光地を紹介するなど、工夫を凝らしていく、としている。
(DIGIMA NEWS 2018年9月6日)

2015_02110036
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

メコン川など氾濫、タイの9県で11万人被災

タイ各地で雨期の大雨による被害が続いている。

6日朝の時点で、東北部のメコン川、東部のプラジンブリ川、中部のペチャブリ川が一部地区で氾濫し、東北部ブンカン、ナコンパノム、ノンカイ、東部プラジンブリ、中部ペチャブリなど9県で洪水が発生、約3万7000世帯、約11万人が被災している。
(newsclip.be 2018年9月6日 12時09分)

20171026
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

事故発生で路肩走行の取り締まり強化へ

バンコクの高架高速道路で路肩に停車中の故障車に後続の車が追突し、故障車の側にいた運転者の女性が追突の衝撃で側壁を越えて飛ばされて地上に転落して死亡する事故が起きたが、首都圏警察のチラパット副長官は9月5日、高速道路の路肩を走行する車両が多いことが事故の原因との見方を示し、今後は路肩走行を厳しく取り締まる考えを明らかにした。

路肩走行の問題については、事故の翌日に関係機関の代表が集まり話し合いをしたとのことだ。同副長官は、「高速道路の路肩は、故障車や救急車などが使ってよいスペースであり、それ以外の車両が走行することは許されない」と強調した。
(バンコク週報 2018年9月6日)

20180204
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?