タイ西部県で女性が狂犬病に感染して死亡 今年16人目

保健省疾病対策局によれば、ミャンマーと国境を接する西部ターク県で50歳の女性が狂犬病に感染して死亡した。これで今年に入ってからの狂犬病による死者は計16人となった。

この女性は約1年前に南部スラタニ県で犬に右手を噛まれた。この犬は狂犬病ワクチンを接種の記録がなかったが、女性は狂犬病ワクチンを接種しなかった。

狂犬病は人が感染して発症するとほぼ100%死亡。傷口から入った狂犬病ウイルスが脳神経組織に到達することで発症するが、ウイルスの感染速度はゆっくりで、頭部から遠い場所を噛まれるほど潜伏期間も長期に及ぶ。噛まれてから2年後に発症したケースも報告されている。
(バンコク週報 2018年9月6日)

2014_10220017s
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中