タイで飲食店の競争が激化 売上が50%減のレストランも

タイ国内のレストラン、飲食業については、新ブランドが次々に出来ている状況で、売り上げでは20~30%減のところも多く、中には売り上げ50%減のところも出てきている。

フランチャイズ・ビジネス協会によると、この1月から7月を見ると、飲食業の売り上げの伸びは、20~30%減のところも多く、それぞれの店の計画の変更や見直しが必要だとしている。

見直しについては例えば、
1.店のはっきりした方針、
2.マネージャーから給仕までの人材育成、
3.特徴あるメニュー、などを上げており、
そのほか、デリバリーも売り上げを伸ばす1つの方法だとしている。

一方、堅調に売り上げが推移しているレストランでは、MKスキやオイシ、フジ、中華などは、どんなに経済が上下しても、家族で食事をする機会があり、土、日曜は混んでいる状態で、1週間に1回は家族で食事をとるところも多く、ファミリー向けのレストランは根強いとしている。
(DIGIMA NEWS 2018年9月28日)

2015_0711p011
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中