カラオケバーの料金16万バーツ チェンマイで韓国人男性がぼったくり被害

タイのテレビ報道によると、北部チェンマイ市のカラオケバーで客の韓国人男性(46)が料金として16万バーツ(約56万円)を請求される騒ぎがあった。

男性は2日夜、チェンマイ市内で乗車したトゥクトゥク(オート3輪タクシー)に連れられ、市内ジャルーンプラテート通りのカラオケバーに入店した。店で10人ほどのホステスに飲み物をおごるなどし、数時間滞在したところ、料金として16万バーツを請求された。男性は仕方なく言われた金額をクレジットカードで払ったが、その後、ぼったくりの被害に遭ったと地元の警察に届け出た。

警察が間に入って店側と交渉したところ、店は6万バーツの返金に応じた。男性はこれを不服として、韓国大使館に被害を訴え、警察が再度交渉して、5日、店が追加で6万バーツを返金することで同意した。男性はこれを受け、訴えを取り下げた。
(newsclip.be 2018年10月8日 00時26分)

beer
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中