インド人ツアー客ら7人死傷、バンコク都心で乱闘・発砲

7日午後8時半ごろ、バンコク都心ラチャプラロップ通りのショッピングセンター(SC)「ウォーターゲート・パビリオン」近くの路上で発砲事件があり、ツアー客のインド人男性(42)とラオス人男性(28)が死亡、インド人2人とタイ人2人、ラオス人1人がけがをした。

自動小銃や拳銃、ナイフを持った若者約20人が路上で乱闘になり、このうちの数人が発砲。現場近くのSCの駐車場にいたインド人ツアー客に流れ弾が当たった。被害に遭ったツアー客は近くのレストランで食事を終え、バスに乗り込むところだった。

タイでは職業訓練校の生徒など若者グループによる乱闘が頻発し、社会問題となっている。銃やナイフ、手斧などが使用されることも多く、巻き添えになった通行人が死傷する事件も起きている。
(newsclip.be 2018年10月8日 12時29分)

20180419
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中