タイでパスポートの紛失日本人が急増中?

2018年10月9日、在タイ日本人大使館の発表では、平成30年上半期(1月~6月)の期間、在タイ日本大使館にあった紛失・盗難届に関して211件がパスポートに関するものだったという。パスポートは日本国外で日本人であることを証明する重要な書類であり、命の次、金銭と同じくらいに重要なものだ。

1990年代以前は日本のパスポートがブラックマーケットなどで高額で売れるといわれ、バックパッカーなどで世界を放浪する人がパスポートを売却し、警察に盗難届を出して、日本大使館で渡航証明をもらって帰国するということもあった。今は偽造パスポートなどの話はなくなったが、その分、パスポートに関する重要性に対する理解が低下してしまったのかもしれない。

在タイ日本大使館では紛失や盗難だけでなく、故意でないにしてもパスポートの破損などについても注意を促している。水に濡らしビザや入国印が判別できなくすることや、タイ入国時に記入する入国カードをホチキスで止め、パスポートのページを破いてしまうことはよくある。

また、パスポートの空いたページをメモに使う人も稀にいる。入国スタンプを整然と押してもらうために線を引く人もいるが、厳密にはいけないことである。それから、パスポートに埋め込まれているICチップが割れてしまったり、磁気に当たってデータが破損しているとパスポートそのものが本物かどうかの判断ができなくなり、出入国管理官によっては出入国を拒否する場合もある。

出入国ができなかったケースでは航空券の変更などが必要になり、場合によってはパスポートを新たに作り直さなければならない。その場合は申請に必要な書類を取り寄せる時間がかかり、オーバーステイの心配も出てくる。

パスポートの管理はタイに限らず、外国に滞在中は注意しなければならない。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年10月9日 09時15分)

2015_02080040
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中