タイ入国管理局長官、空港で賄賂を要求した入国審査官ら5人を異動

2018年10月1日より着任した新タイ入国管理局スラチェット・ハクパーン長官の指示により、空港や国境の入国手続きレーンや到着ビザ申請窓口等に「NO TIP PLEASE(チップを渡さないでください)」と掲示されたのですが…。

各報道によると、タイのFacebookユーザーの投稿により、投稿したユーザーの友人である中国人観光客がバンコク・ドンムアン空港で到着ビザを取得する際、職員に「高速サービス」の代金として200バーツを請求されたことが明らかになりました。中国人観光客はその要求を拒否したため、到着ビザ取得のために6時間待ちづつけたとのこと。

そもそも「NO TIP PLEASE」の発端は、「高速サービス」代金を要求された中国人観光客と空港警備員とが揉み合い、殴り合いのトラブルになったことでした。(参照 タイ空港警備員が中国人観光客に暴力、タイ政府は謝罪) しかし「NO TIP PLEASE」の掲示も虚しく、同様の”賄賂”が繰り返されたのです。

事態を重く見たスラチェット・ハクパーン長官は、当該の職員と上司4人を部署異動としました。なお、5人が有罪判決を受けた場合は、懲戒処分等が下されるとのこと。
(タイランドニュース 2018年10月9日)

2012_11090001
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中