バンコクの賃貸ビル賃料が11.2%上昇 建設ラッシュも中国企業で予約埋まる

タイのバンコクでの賃貸オフィスビルについては、大手不動産コンサルティングのJLLによると、グレードAの物件は、賃料が11.2%上がっており、また今後、2019年末までに新規に全体で28万㎡供給されるが、中国IT企業などの予約がすでに入っており、賃料は上昇傾向にあるとしている。

グレードAの物件では平均、1カ月の賃料は1㎡当たり751バーツから824バーツに上がっていて、最も高い賃料は、ゲイソンビレッジとして完成し、ゲイソンプラザの横に建設されたゲイソンタワーで、1㎡当たり1,350バーツ。続いて、オークラホテルも入居しているパークベンチャーで、1㎡当たり1,300バーツとなっている。
(DIGIMA NEWS 2018年10月11日)

2015_0714n011
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

タイ航空、東南アジア行きなどでセール 往復40,800円から

タイ国際航空は2018年10月10日(水)から11月10日(土)まで、「TGメガディールネットワーク エコノミークラス運賃2」を設定、販売しています。対象は11月16日から12月15日(土)と2019年1月15日(火)から3月31日(日)までの日本出発分ですが、2月出発は対象外となります。

出発地は、羽田、成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳で、運賃額はホーチミン、ハノイ、プノンペン行きが40,800円から、ジャカルタ、デンパサール行きが45,600円からなどと設定されています。また、ロンドン、パリ、フランクフルトなどのヨーロッパ12都市行きが55,300円から、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース行きが50,500円から販売されています。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/10/10 ~ 2018/11/10
(Fly Team 2018年10月12日 21時10分)

2015_02100042
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?