タイ航空が2時間の遅延、非番パイロットがファーストクラス要求で乗客を移動させる

各報道によると、タイ航空のフライトが2時間遅延したのは、非番中のパイロットが満席だったファーストクラスへの搭乗を要求したためでした。

タイ航空のパイロットが社用で搭乗する際は、座席の空きがあればファーストクラスを利用できるという社内ルールがあるそうです。しかし2018年10月11日のチューリッヒ発バンコク行きTG 971便のファーストクラスは満席のため、急遽TG 971に搭乗することになった2人の非番のパイロットは、ファーストクラスの利用が出来ないはずでした。

ところが非番のパイロットがファーストクラスを要求したためタイ航空は、すでにファーストクラスに搭乗していた乗客2人を、ビジネスクラスへ移動させようとしたのです。というのも、当の乗客2人はもともとビジネスクラスを購入しており、たまたまファーストクラスに空きがあったためアップグレードされていました。「ファーストクラスの料金を支払っていない」という理由で、タイ航空は乗客2人に移動を強要し、非番パイロットに席を与えたのです。

すでに席に着いていた乗客2人は当初移動を拒否。この時の”移動する、移動しない”のやりとで、出発が2時間送れることとなりました。結局乗客2人はビジネスクラスに移動することになり、非番パイロットがファーストクラスに座ることになったのだとか。

この件がSNSで明らかになると炎上。タイ航空社長は10月18日、席を移動させられた2人と、乗客に謝罪。調査を行なうことを表明しています。
(タイランドニュース 2018年10月20日)

2013_07170438          (photo by 絵夢座)

■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中