顧客を盗撮して馬鹿にするSNS投稿でバンコクの人気カオマンガイ店に批判殺到

約40年の歴史を持つ老舗で、テレビなどでも紹介されるバンコク・プラチャーチュン通りの人気カオマンガイ店「チャルンチャイ・ガイトーン・プラチャーチン24」が、不適切行為により炎上です。

各報道によると、このカオマンガイ店の店主が自身のフェイスブックに、店内でカオマンガイを食べる顧客の姿を盗撮した写真を投稿。そこに店主や店主の友人らによって、顧客を馬鹿にするコメントが書き込まれたとのこと。例えば肥満男性のお尻の割れ目が見えてしまっている写真の投稿には、「豚のケツのようだ」というコメントが。さらに足を開いて座っている女性の股の写真を投稿して「マナーが悪い」など…。

これらの投稿が拡散されて人々の目に留まると、当然のことながら批判が殺到。顧客のプライバシーを侵害したことに対して怒りのコメントで溢れ、このカオマンガイ店をボイコットしようという動きが広がりました。

これに対して店主は自身のFacebookで、「こんな大きな問題になるとは思わなかった」と自身の軽率な行動ついて謝罪しています。
(タイランドニュース 2018年10月27日)

2015_07150033
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中