東西の海つなぐ運河建設計画 首相が再検討指示 EEC計画を補完

タイ南部の地峡にタイ湾とアンダマン海をつなぐ運河を建設する構想が以前から存在し、その実現の可能性がこれまでにも何度かマスコミで取り上げられているがあるが、プラユット首相はこのほど、政府のシンクタンクである国家経済社会開発委員会(NESDB)と国家安全保障会議(NSC)に対し、地峡を横断する運河の建設プロジェクトについて検討するよう指示した。

同プロジェクトは、アンダマン海側のクラビ県とタイ湾側のソンクラ県を、トラン県とナコンシータマラート県を経由してつなぐ全長約120キロの運河を建設するというもの。

運河建設を強く支持しているのは、プロジェクトの支持者、地元の実業家、退役軍人などで構成されるタイ運河協会(TCA)という組織。TCAによれば、現政権は新経済特区・東部経済回廊(EEC)への投資誘致に力を入れており、運河はEEC計画を補完するものになるとのことだ。
(バンコク週報 2018年10月30日)

2014_10220098p
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中