1度で1000万錠超、タイで覚醒剤大量摘発相次ぐ

タイ各地で麻薬の大量摘発が相次いでいる。

タイ当局は27日、中部アユタヤ県の民家を捜索し、覚醒剤の錠剤約1033万錠、粉末約100キロを押収し、タイ人の男を逮捕した。

翌28日、北部チェンライ県の民家を捜索し、覚醒剤約1250万錠を押収。

同日、東北部ナコンパノム県のメコン川岸に放置されていた大麻約1トンを押収した。

29日にはチェンライ県で、乗り捨てられたピックアップトラック2台に積んだ覚醒剤約1460万錠を押収。

同日、バンコク郊外でタイ人男を逮捕し、覚醒剤約100万錠を押収した。

同日、南部ナコンシータマラート県で覚醒剤約1100万錠を押収したと発表した。

タイ国内で流通する覚醒剤のほとんどはミャンマーから密輸されたものとみられる。タイ当局によると、麻薬業者は近年、覚醒剤の供給量を増やし、結果として、タイ国内の覚醒剤の価格が下がり、覚醒剤中毒者が増えているという。
(newsclip.be 2018年10月30日 16時13分)

20171116
■海外のホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

 

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中