タイから覚せい剤密輸で日本人逮捕が続く…インターネットの募集で成功報酬に釣られて

各報道によると、2018年10月12日にタイから覚せい剤約2.4キロ、末端価格にして1億4000万円相当をスーツケースに隠して、成田空港から日本国内に持ち込もうとした加行雅也被告(30歳)が起訴されました。

さらに10月25日には、タイから覚せい剤約2キロ、末端価格にして1億2000万円相当をスーツケースに隠して、羽田空港から密輸しようとした疑いで、堀川幸彦容疑者(31歳)が逮捕されています。

10月に入ってから同じ手口でさらにもう1人が逮捕されたとのことで、3人はいずれもインターネットで「高額報酬」や「海外短期事務」という求人に申し込み、タイで覚せい剤入りのスーツケースを受け取ったとのこと。なお堀川幸彦容疑者の成功報酬は1泊あたり10万円、堀川幸彦容疑者は60万円だったそうです。

日本国内で逮捕されたことは、3人にとって「幸いだった」と言えるでしょう。というのもタイで薬物犯罪の罪は重く、所持の量によっては懲役数十年にも及ぶこともあります。仮にタイで逮捕されていたら、残りの人生をタイの刑務所で過ごすことになっていたかもしれないのです。
(タイランドニュース 2018年11月2日)

20180517
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中