タイ入国管理局が宣言 「不法滞在の外国人は1人もいなくなった」

警察庁入国管理局のスラチェート局長代行はこのほど、「当局が法律に違反している外国人検挙に力を入れ続けたことから、不法滞在の外国人はタイに1人もいなくなった」と宣言した。

当局による外国人逮捕は近年頻繁に報じられているが、関係筋は、「オーバーステイの外国人などが少なくなったのは事実だろうが、さすがに『1人もいなくなった』とは考えられない」との見方を示す。

なお、法律に違反している外国人を一掃するというキャンペーンのもとで警察はこれまでに国内5071カ所を手入れし、外国人3501人を逮捕している。
(バンコク週報 2018年11月5日)

2014_04060234
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコク空港の手荷物受取エリアから高級トランクを盗む、転売目的の中国人男女2人逮捕

タイ警察は2018年11月3日午後1時40分頃、バンコク・スワンナプーム空港の手荷物受取エリアから高級トランクを盗んだ疑いで、中国系カナダ人の男(33歳)と中国人の女(22歳)を逮捕しました。

11月2日、日本からスワンナプーム空港に到着したアメリカ人女性が、手荷物受取エリアに自身のトランクが見つからないと係員に報告しました。タイ警察が空港内の監視カメラで確認したところ、アメリカ人女性のトランクをはじめ、多くのトランクを持ち運んでいる容疑者2人を発見。その翌日、スワンナプーム空港のチェックインカウンターで、香港へ向かうところだった2人を逮捕しました。

2人はリモワ(Rimowa )のトランクを転売目的で盗んでおり、これまで30回以上もタイを訪れて盗みを繰り返していたとのこと。リモワのトランクは1つあたり、3万から5万バーツで買い取られたそうです。
(タイランドニュース 2018年11月5日)

2012_11090003
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ南部2県 はしか感染で15人目が死亡

タイ南部パタニ県で麻疹(はしか)に感染した生後10カ月の男の赤ん坊が合併症のため死亡。これで今年に入ってからパタニとヤラの南部2県で死亡した麻疹感染者は合計15人となった。

死亡した赤ん坊は、高熱と発疹のためパタニ県マヨ郡の病院に入院したが、肺炎を併発するなどして容体が悪化。設備の整ったパタニ病院に転院したが、手の施しようがなかったという。

数日前には同県ヤラン郡で生後9カ月の女の赤ん坊が麻疹に感染。病院に入院したが、治療のかいなく死亡した。この赤ん坊は麻疹の予防接種を受けていなかった。

パタニとヤラの2県では、今年1月1日~11月3日までに合計1252人が麻疹に感染しており、うちヤラ県で10人、パタニ県で4人が合併症で死亡している。
(バンコク週報 2018年11月5日)

20180223
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

陸軍トップが明言 「徴兵制は廃止しない」 一方で内部暴力を戒め

10月1日に就任したアピラット陸軍司令官はこのほど、「徴兵はなくならない」と明言するとともに、「必ず兵士が新兵を弟のように扱うようにする」と強調した。

徴兵制には一部で反対意見も出ているが、アピラット司令官は「どの国にも兵士はいる。兵士のいない国は弱い」と指摘。また、新兵が先輩の兵士から暴行を受けて死亡するケースが報告されていることに触れ、司令官は、「軍隊において新兵は小さい弟、最も年下の弟のようなもの」として、新兵に暴力を振るうようなことは慎まなければならないと訴えた。
(バンコク週報 2018年11月5日)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!