20前後の県で深刻な干ばつ被害か ダム貯水量増えず

チャチャイ副首相は11月19日、今年の乾季に干ばつ被害を受ける可能性のある県が20前後になるとの見方を示した。これはダムなど貯水施設の水量が比較的少なく、農業や生活に必要な水を十分に供給できない県が出てくると予想されるため。

タイでは年末から2月ごろにかけて比較的涼しく雨の降らないシーズンが到来。その後は徐々に気温が上昇し真夏が訪れ、5月ごろ雨季が始まる。そのため、3月から4月ごろにかけ深刻な水不足に見舞われることが懸念されるという。
(バンコク週報 2018年11月20日)

2014_04050072
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中