もっと素敵なタイへ「プライオリティパスが使える国内線ラウンジも誕生!」バンコク・スワンナプーム空港

2018年11月20日、世界のハブ空港として充実した機能を誇るバンコク・スワンナプーム国際空港。タイ国際航空のラウンジは「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」で、4年連続で受賞に輝くほど(コンコースD ロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ)。

タイ国際航空の高度なサービスレベルに牽引される形で、その他のラウンジのレベルも確実に上がている。国内線ラウンジ「Blue Ribbon Club Lounge」は、新たにプライオリティパスでの利用ができるようになった。営業時間は4:30~22:00で、A3ゲート近くにある。運営は、バンコクエアウェイズ。(タイ国際航空のラウンジとは別)

シャワールームもあり、マッサージチェアが4台置かれている。ビッフェでは、ガーリック風味の焼き鳥が人気で、鮮度の良いレタスやサラダ菜、オレンジもある。注文を受けてから作るワンタンスープなども好評、健康に良さそうなライス・グリーン・ジュースも飲める。

日本各地からバンコクを経由してチェンマイやプーケットを始め、タイ各地に移動するときに便利だ。この日は、羽田発バンコク行きのタイ国際航空機から、雪化粧の富士山を見ることができた。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年11月22日 09時15分)

2014_10250108s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中