タイ東部経済回廊(EEC)の投資でウタパオ空港の乗入れが増加

タイ東部経済回廊(EEC)への投資とともにチョンブリー、ラヨーン地区に事業で来る外国人も増え、ウタパオ空港の便も拡大している。

同空港公団によると、現在の利用者は1ヵ月に35,000~4万人ほどだが、1~2年先には年間で300~500万人が利用する、と見ている。

徐々に各航空会社も新規に乗り入れを始めており、EEC地区に投資する企業関係者や、観光地パタヤに来るヨーロッパ、中国人など、同空港への直接乗り入れが増えている。

スワンナプーム空港からウタパオ空港まで車で2時間ほどで行けるため、利便性も高い。

現在、ウタパオ空港でのタイ国内便の乗り入れは3社で、そのうち、タイエアアジアが4路線で1週間38便を乗り入れており、そのほかはバンコクエアウェイズ、タイ・ライオンエア。

また国際線は4社で、ノックエアは中国への直行便で1週間に16便、エアアジアは1週間に15便、ハイナンエアラインズ(海南航空)が中国に1週間で6便、タイライオンエアが1週間に7便となっている。
(DIGIMA NEWS 2018年11月30日)

2013_06040003
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中