東南アジアリゾート路線開設・タイへも飛べる「エアバスA321LR型機導入」ジェットスター・ジャパン

2018年11月27日、ジェットスター・ジャパンは、エアバス A321LR の導入を決定したと発表した。

2020年からスタートし最初に3機のA321LRを配備し、マニラ線などの中距離国際線への投入も視野に入れている。

A321LR は、現行の A320ceo に比べて座席数が増える。また、航続距離も延びるため、新規参入の多い日本からタイへのフライも可能になる。新型エンジンを搭載するため燃費20%の削減に加え、二酸化炭素排出量も 機当たり年間3,600トン削減できるほか、静粛性はCAEP/6 基準を50%下回る。

3機のA321LRの導入で、東南アジアリゾート路線など新路線開設もありそうだ。
(GLOBAL NEWS ASIA 2018年12月2日 09時15分)

20171216
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中