タイ国際航空、新千歳・名古屋発バンコク行きセール 73,800円から

タイ国際航空は2018年12月31日(月)まで、「FLY Thai プロモーション運賃II」を設定、販売しています。対象路線は名古屋(セントレア)、新千歳発バンコク行き、搭乗期間は2019年3月31日(日)までの日本出発分ですが、設定期間のうち12月16日(日)から2019年1月14日(月)と2月1日(金)から2月28日(木)は対象外です。

運賃は名古屋発が73,800円から、新千歳発が85,600円からと設定されています。利用便が限定されており、名古屋(セントレア)/バンコク線では往路がTG647便、復路がTG646便、新千歳/バンコク線では往路がTG671便またはTG681便、復路がTG670便またはTG680便です。

詳しい運賃額、条件などはタイ国際航空のウェブサイトを参照ください。
期日: 2018/12/31まで
(Fly Team 2018年12月3日 11時25分)

2015_02120048
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

財務省 低所得者にネット接続無料のSIMカード配布を計画

タイ政府が低所得者支援策を複数講じるなか、財務省ではインターネットに無料で接続できるSIMカードを低所得者に提供することを計画している。

アピサク財務相によれば、同計画は低所得者がインターネット上の様々な情報やニュースにアクセスできるようにすることが目的。例えば、農民であれば、農業に関する情報や作物価格の見通しなどを入手することに使用してほしいという。SIMカード配布の対象は、福祉サービスを受けるために関係当局に登録した低所得者に限られる見通し。
(バンコク週報 2018年12月3日)

2015_07150037
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

総選挙効果でタイ経済が4%以上成長か EECも後押し

バンコクで11月30日に開催された経済セミナーに出席した経済専門家によれば、来年は総選挙による大きな経済効果が見込まれるため、タイ経済は3.8~4.2%
成長することが期待されるという。

セミナーの席上、タイ商工会議所大学(UTCC)のタナワット副学長は、「来年は総選挙に約400億バーツ、地方選挙などに同じく約400億バーツ、合計800億バーツあまりが投入される見通しだ。これだけでもタイ経済の成長率は0.5ポイントほど押し上げられ4%以上に達するだろう」と指摘した。

同副学長によれば、タイ経済は来年、米中貿易摩擦の激化で影響を受けると予想されるが、タイ政府が推進している東部経済回廊(EEC)プロジェクトに2000億~3000億バーツが投入され、こちらも経済成長を後押しすることが期待されるという。
(バンコク週報 2018年12月3日)

20180613
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!