レジ袋配布を終日中止=プラごみ削減へ取り組み-タイ

タイのスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで「タイ環境の日」に当たる4日、政府の呼び掛けに応じ、レジ袋を終日配布しない取り組みが行われた。プラスチックごみによる環境破壊が深刻化するタイで、国民の意識を高めるのが狙い。

バンコク中心部シーロム通りのコンビニでは、客がペットボトルや食品を自分のリュックサックに入れたり、手で持ち帰ったりしていた。パンや水と一緒にエコバッグを購入した女性銀行員、クンさん(45)は「これまでもできるだけレジ袋を受け取らないようにしていた。終日中止はプラスチック製品の削減や啓発につながる」と歓迎した。

タイでは屋台で総菜をポリ袋に入れて販売するなど、プラスチック製品が生活に密着。天然資源・環境省によると、レジ袋を含むポリ袋は年450億枚が使われている。

プラユット暫定首相は「ポリ袋の削減はわれわれの社会的責任。国民は問題の重要性を理解し、エコバッグを持参してほしい」と訴えた。
(JIJI.COM 2018年12月5日 05時29分)

2015_07110098
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイへの電子タバコ持ち込みが容認 持ち込み時には30~40%の課税徴収

電子タバコをタイに持ち込んで、逮捕される旅行者も出て、各国の大使館から苦情が出ていた件で、タイの物品税局は電子タバコの持ち込みを認める方針で、その際に税金を30%~40%徴収することになるとしている。

これまで、電子タバコは持ち込み禁止で、外国人旅行者が逮捕される事態にもなり、保護にあたる7~8の大使館から苦情が出ていた。

世界的に見ると、使用は合法なため、タイでも空港での持ち込みを認め、税金を徴収することになる模様。

タイでは一般のレストランなどではタバコを吸うのは禁止されており、年々、税金が高くなり、国民にタバコを吸わないよう促す方向に向いている。
(DIGIMA NEWS 2018年12月5日)

20171115
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイの高架鉄道BTSスクムビット線、6日に南側延伸区間開通

バンコク首都圏の高架鉄道グリーンライン(BTSスクムビット線)の南側延伸区間、サムロン駅~ケーハ駅が6日正午に運行を開始する。開業から4カ月は試験運転ということで運賃は無料。

延伸区間は現在の南端であるサムロン駅からサムットプラカン県内を南下しタイ湾の海岸近くまで伸びる全長約11キロ、8駅。バンコクとサムットプラカンの間の交通が便利になるが、すでに輸送能力が限界に近づいているスクムビット線で混雑がさらに悪化することが懸念されている。
(newsclip.be 2018年12月4日 23時27分)

2014_04060139
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!