タイのエビ生産量 今年は3%減の見通し 海外主要産地での増量が影響

タイ・エビ協会のソムサク会長によれば、今年のタイのエビ生産量は、天候不順、病気、価格低迷などの理由から前年の30万トンを3%下回る29万トン程度にとどまる見通しという。

地域別の生産比率は、最南部が33%、南部の北側が29%、東部が24%、中部が14%となっている。

同会長は、「今年は全世界で前年比15%増となる320万トン前後のエビが生産されると予想されるが、エクアドル、ベトナム、インドネシア、インドなどで生産量が増えており、これが国際的なエビ価格、タイのエビ輸出に影響している」と説明する。

なお、今年1~10月期のタイのエビ輸出は、14万3129トン、輸出高455億バーツで、前年同期をそれぞれ14.5%、18.8%下回っている。
(バンコク週報 2018年12月14日)

2014_10220172s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?お薦めの8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中