2018年の定時運航率、バンコクエアが5位

航空情報調査会社OAGアビエーション・ワールドワイドが発表した2018年における航空会社の定時運航率ランキングで、バンコク・エアウェイズが87.16%で5位にランクインした。

1位はコパ航空(89.79%)。以下2位はエア・バルティック(89.17%)、6位は香港航空(88.11%)、4位はハワイアン航空(87.52%)と続いた。日系航空会社では、ANAが11位(84.43%)、JALが13位(83.99%)にランクインした。

また最大規模の大型空港の定時運航率ランキングでは、9位にスワンナプーム国際空港(77.21%)がランクインした。1位は羽田空港(85.62%)。以下2位はアトランタ空港(82.23%)、3位はチャンギ空港(80.70%)、4位はデンバー空港(80.65%)、5位はロサンゼルス空港(79.95%)と続いた。
(タイ通 2019年1月8日 11時38分)

2014_10250061s
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

仏門に入る者の前歴チェックに警察が協力 犯罪者の逃げ道を絶つ

逮捕を免れるために僧侶になっていた犯罪者が逮捕されたという記事が時折報じられているが、チャクティップ警察庁長官はこのほど、仏門に入ろうとする者の前歴チェックで警察が国家仏教事務所に協力することになったと明らかにした。

同事務所の要請に応えたもので、出家希望者の審査を厳しくするための措置の一環という。
(バンコク週報 2019年1月8日)

20171114
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!