タイ到着ビザ無料化が延長、2019年タイ正月の期間まで

中国人など減少した観光客を呼び戻すため、2018年12月1日から2019年1月31日まで限定で、通常2000バーツの到着ビザが無料となっていますが、タイ正月(ソンクラーン)期間の4月半ばまで、無料期間が延長されることになりました。

なお対象の国は、アンドラ、ブルガリア、ブータン、中国、キプロス、エチオピア、インド、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、モルディブ、マルタ、モーリシャス、パプアニューギニア、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、台湾、ウクライナ、ウズベキスタンの21カ国。

日本人は30日までビザ無しでの滞在が認められているため、今回の到着ビザ無料化とは無関係となります。
(タイランドニュース 2019年1月9日)

2014_04060096.gif
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

タイの高速鉄道計画、中国から借り入れか

バンコクとタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道事業の資金調達について、タイ軍事政権はタイ国内の金融機関からの借り入れのみを認めた2017年の閣議決定を変更し、国外からの借り入れを認める。8日の閣議で承認した。

借り入れの限度額は1663億バーツ。事業のパートナーである中国から資金調達を図るもようだ。

タイ軍政は中国政府と協力し、バンコクとラオス国境のタイ東北部ノンカイ市を結ぶ高速鉄道の建設に乗り出している。計画の第1段階であるバンコク~ナコンラチャシマは総延長252キロ、全6駅、最高時速250キロで、両都市間を1時間半で結ぶ。投資額は1794億バーツで、タイ側が全額負担する。2021年開業を目指し、2017年に着工したが、工事は大幅に遅れ、開業のめどは立っていない。

タイ軍政は中国政府が掲げるラオス経由で中国とタイを結ぶ高速鉄道網構想に応じ、高速鉄道の建設に乗り出した。しかし、中国の技術を採用する見返りに、中国側に事業への出資や低利融資を求めたが、拒否され、国内での資金調達を余儀なくされた。今回、国外からの借り入れを認めた背景には、国内金融機関が事業の先行きを不安視して融資に難色を示し、中国の融資に頼らざるを得なくなった可能性がある。
(newsclip.be 2019年1月9日 12時50分)

20171108
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

タイ国際航空、1月16日まで新春お年玉セール 往復27,000円から

タイ国際航空は2019年1月10日(木)から1月16日(水)まで、「新春お年玉セール」を実施しています。対象の搭乗期間は、1月20日(日)から4月20日(土)までの日本出発分ですが、一部予約クラスで適用外となる期間が設定されています。

出発地は、成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡、新千歳で、運賃額はバンコク行きが27,000円から、プーケット、チェンマイ、クラビ行きが35,000円から販売されています。

この運賃の日本/バンコク間は利用便が限定されており、往路は成田発のTG641、TG643、TG677便、関西発はTG673便、名古屋発はTG645、TG647便、福岡発はTG649便、新千歳発はTG681便です。

復路は成田着がTG676、TG640、TG642便、関西着がTG622、TG672便、名古屋着がTG644、TG646便、福岡着がTG648便、新千歳着がTG670、TG680便の利用です。
期日: 2019/01/10 ~ 2019/01/16
(Fly Team 2019年1月9日 12時45分)

2013_07170435          (photo by 絵夢座)

■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!