タイの高速鉄道計画、中国から借り入れか

バンコクとタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道事業の資金調達について、タイ軍事政権はタイ国内の金融機関からの借り入れのみを認めた2017年の閣議決定を変更し、国外からの借り入れを認める。8日の閣議で承認した。

借り入れの限度額は1663億バーツ。事業のパートナーである中国から資金調達を図るもようだ。

タイ軍政は中国政府と協力し、バンコクとラオス国境のタイ東北部ノンカイ市を結ぶ高速鉄道の建設に乗り出している。計画の第1段階であるバンコク~ナコンラチャシマは総延長252キロ、全6駅、最高時速250キロで、両都市間を1時間半で結ぶ。投資額は1794億バーツで、タイ側が全額負担する。2021年開業を目指し、2017年に着工したが、工事は大幅に遅れ、開業のめどは立っていない。

タイ軍政は中国政府が掲げるラオス経由で中国とタイを結ぶ高速鉄道網構想に応じ、高速鉄道の建設に乗り出した。しかし、中国の技術を採用する見返りに、中国側に事業への出資や低利融資を求めたが、拒否され、国内での資金調達を余儀なくされた。今回、国外からの借り入れを認めた背景には、国内金融機関が事業の先行きを不安視して融資に難色を示し、中国の融資に頼らざるを得なくなった可能性がある。
(newsclip.be 2019年1月9日 12時50分)

20171108
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

投稿者: バンコクガイド管理人

アパレルで営業の仕事をしていましたが、2005年、 IT業界に転職し、ソリューションの企画提案や派遣営業を今もしています。 初めてタイ旅行したのは、転職1年後に多少営業活動に煮詰まっていた時でした。 気分転換で訪れたタイの魅力に嵌り、その後何度も行くことになりました。 訪タイする度に写真(静止画・動画)が貯まり、 それがきっかけでタイ情報サイトを立ち上げ、観光情報等を紹介しています。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中