アルジェリア人男がBTSでスリ「たくさんお金を持っている外国人を狙った」

タイ警察は2019年1月18日、46歳のアルジェリア人の男を窃盗の疑いで逮捕しました。

アルジェリア人の男は警察の取り調べに対し、たくさんお金を持っている外国人観光客をターゲットにし、BTSの駅やデパートなどの人の多い場所を選んで、スリを行ったと話しています。なおアルジェリア人の男は12月2日にタイに入国していました。

タイでは外国人観光客を狙った窃盗団が度々逮捕されています。日本人が被害にあった例も報告されていますので、アルジェリア人の男もスリを行う場所に選んだと言ったBTSやデパートなど、人の多い場所での貴重品の管理には十分ご注意ください。
(タイランドニュース 2019年1月22日)

2011_08250037
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

バンコクの大気汚染がさらに悪化 「公害規制ゾーン」指定を検討

バンコク首都圏では昨年末から大気汚染が悪化し市民の健康が脅かされる状況となっているが、公害対策局とバンコク都庁は1月21日、必要な対策を迅速に実施するためバンコクを「公害規制ゾーン」に指定することを検討中だと明らかにした。

この指定を受けた場合、地元当局には対策の検討や実施の権限が付与される。

なお、バンコク都庁は路上の粉じんを減らすため掃除に力を入れているが、専門家からは「大気汚染問題の解決にはあまり役立たない」との指摘が出ている。
(バンコク週報 2019年1月22日)

2015_07140061
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

2018年の空港利用者、前年比5.53%増

スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は、2018年の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比5.53%増の1億4047万1632人となったと発表した。

各空港の利用者数は、
スワンナプーム国際空港が同4.14%増の6337万8923人、
ドンムアン空港が同6.42%増の4075万8148人、
チェンマイ空港が同7.42%増の1098万9402人、
ハートヤイ空港が同2.55%減の425万6106人、
プーケット空港が同8.11%増の1822万1764人、
チェンラーイ空港が同14.54%増の286万7289人となった。
(タイ通 2019年1月22日 13時32分)

2014_04060093
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!