タイ警察 オーバーステイ、不法入国などの外国人382人を逮捕

警察当局はこのほど、1月25日にバンコクと近隣県の217カ所で手入れを行い、不法入国など法律違反の外国人を382人逮捕したと発表した。
逮捕容疑は、13人(イラン人4人、ラオス人3人、ロシア人2人、米国人、インド人、中国人、モンゴル人それぞれ1人)がオーバーステイ、252人(ラオス人94人、ミャンマー人86人、カンボジア人68人、ベトナム人2人、インド人、韓国人それぞれ1人)が不法入国などとなっている。
(バンコク週報 2019年1月28日)

2014_04060242
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

広告

アイコンサイアム、来客数は一日10万人以上

昨年11月にオープンしたバンコク都内チャオプラヤー川沿いにある大型複合施設「ICONSIAM(アイコンサイアム)」は、順調な滑り出しとなったようだ。

タイ地元紙によると、4日の来客数は平日で平均13万人、休日で15万人。このうちタイ人が70%、外国人観光客が30%。アイコンサイアムが目標としていた来客数に達しているそうだ。

また、このアイコンサイアムのオープンによって、周辺地域の経済が活性化しているようだ。この地域のビジネス協会関係者は、アイコンサイアムの影響でホテル、コンドミニアムなどの需要が高まっていると語っている。この需要に合わせて、今後さらにホテルやコンドミニアムの建設が増加する可能性が高まった。
(タイ通 2019年1月28日 15時28分)

20180308
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

選挙予定により、2019年3月16・17・23・24日は禁酒日の見込み

タイの選挙関連のニュースです。タイの弁護士事務所によると、総選挙が2019年3月24日の投票日で予定されている事から、期日前投票の投票日前日と当日である3月16と17日、本投票日の前日と当日である3月23と24日は、タイの法律により禁酒日(アルコール販売禁止日)となる見込みです。

禁酒日は、お酒をスーパーやコンビニで販売をするのも、飲食店などで販売をするのも違法となりますので、飲み会のスケジュールなどには注意しないといけませんね。

ただしタイでは、法律上では禁酒日となるべきでも、それとは別の運用がされる事もありますので、今後の政府発表やその報道等にご注意をされてください。PJA NEWSでも変更が確認できた場合は続報を配信したいと思います。

ちなみに2月は、19日(火)が万仏祭のため禁酒日の予定です。

皆様も、せっかくの飲み会の予定が禁酒日でお酒が飲めなかった!などとならないよう、最新の情報などを得られるようにご注意下さい。
(タイランドニュース 2019年1月28日)

2015_07140096
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!

老朽タクシーを厳しく取り締まると宣言 見つけた場合はその場でプレート取り外し

運輸省陸運局は1月27日、法律に反していまだに古い車両がタクシーとして使われているとして、これを厳しく取り締まると発表した。

同局が昨年11月と12月にバンコクで実施したランダム調査では93台がタクシーとして使用できない老朽車両だった。同局はこのような古いタクシーについては1万バーツまでの罰金を払わせるとともに、その場でナンバープレートを取り外すことにしている。
(バンコク週報 2019年1月28日)

2014_04060163
■海外ホテル予約は、最安、安心、何を基準に選ぶ?人気の8つの海外ホテル予約サイトを比較!